2008年11月19日

『格差婚』の始まり?

以前から『格差』の文字がニュースの常連になっています。

『格差』といえば所得、または収入ですが、芸能界では結婚についても使われています。

昨年であったと記憶していますが『格差婚』ということばがありました。

といっても、男が有名芸能人、高収入、女が一般人、または芸能人でも無名、というケースには使われません。

男女が逆の組み合わせが、『格差婚』の定義であるようです。

女が『美人』で有名、男がお笑い系という結婚が昨年にあり、それがこの言葉の起こりといわれています。

私の見方では、女は外観は『美人』ですが、話をすると一気に三枚目に転落すると不思議なキャラクターの持ち主です。



この言葉こそありませんでしたが、それが当てはまる結婚が1980年(昭和55年)11月19日にありました。

女は『花の中3トリオ』でデビューしました。

ただし、人気、芸能マスコミの取り扱いでは、他の二人を引き離していたようです。

当日の式は渋谷の嶺南坂教会で行われました。

やはり渋谷なのですね。

教会があるかどうかわかりませんが、もしあっても北千●、西船●では行わないでしょう。



当時の彼女には背後にオーラが現われていたといわれています。

しかし、彼女は結婚と同時に芸能界を引退し、家庭の主婦となりました。

おそらく、復活の誘いは何度となくあったでしょうが、一切退け、こんにちにいたりました。

ごく最近、姿を現しましたが、もはやオーラはなかったそうです。

彼女の夫は、その後、俳優として実力をつけました。

いまや、誰も『格差婚』とはいわないでしょう。



他の二人は負けじとばかり、それ以上に結婚に関しては、マスコミをにぎわせました。

一人は某宗教団体の合同結婚式、もう一人は同じ苗字の男との結婚です。

同じ苗字といっても、芸名が同じというだけで、本名は別でした。

『合同結婚式』は、美人の産地として有名な東北の某県の出身です。

その県の男性に言わせると、「絶対に美人ではない」そうです。



そういえば、涙を出さずに泣けるアイドル歌手がいました。

最初の結婚は『格差婚』なのでしょうか。
posted by 陳澤民 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。