2008年11月11日

台湾の前総統逮捕

本日は『現代の名工』について書く予定でしたが、内容を変更します。

台湾の前総統の陳水扁が『機密費横領容疑』で逮捕されました。

以前から捜査していましたから、逮捕は予想されていました。

政治家と金のつながりは、どこでも同じです。

我が日本でも、事務所経費や秘書給与の流用容疑で議員の逮捕者が出ました。

政敵が本気になって調べればわかることです。

それを知りながら、手を染めるのですから、こういうのを『脇が甘い』というのでしょう。

私が聞いたニュースでは、前総統の妻が外国へ送金した額は20億円です。

『機密費』は税金からの支出でしょうから、額に関係なく『横領』は犯罪です。


しかし、国民党の手も決してきれいではありません。

国民党が大陸から台湾へ『移転』して来年で60年です。

民主化されるまでの半世紀近く、台湾人から収奪した額は、20億円よりはるかに多い額です。

それを収奪するため、台湾全土に網の目のように党の組織を構築したといわれています。

民主化によっても、びくともしなかったでしょう。

すでに大陸で鍛えられた彼らから見れば、民進党はアマチュア、素人同然です。

前総統の妻の『不正送金』など、わずかの手間で調べ上げたにちがいありません。


台湾では総統経験者の逮捕は初めてです。

前職が弁護士ですから、弁護には慣れているでしょうが、はたして自分自身を弁護できるでしょうか。
posted by 陳澤民 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109512945

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。